2010年05月23日

奥州街道徒歩終わり

奥州街道を歩きました。奥州街道は日本橋〜白河なのですが、宇都宮までは日光街道と共通なので、宇都宮〜白河の80km程度を歩きました。

5月15日(土)宇都宮〜大田原 43km
宇都宮から先は美しい田舎風景に。
田んぼやら畑やら山やら。これが見たくて歩いているような気がします。
足元がアスファルトじゃなければもっといいのだけれど。
草むらで休むと昆虫がどっさりいて、季節が変わったことを実感します。
座った黒い石を良く見ると赤いダニがどっさりいた時はちょっとゾッとしました。
西那須野の近くで時間切れになり、市内循環バスに乗りました。逆方向に乗ってしまい軽くパニックになりましたが、運転手さんが親切に案内してくれたので無事に帰れて助かりました。


5月21日(金)大田原〜白河 37km
間に町らしい町がない様子だったので、コンビニ飯で済ますことを決意。好きなタイミングで待ち時間なく食べられるので、道端でコンビニ飯を食べるのもアリだなと思いました。実際は芦野宿でうなぎ屋があったので、ちょっともったいなかったかな。
両側に低い山が迫る田園風景でした。県境も大きな山や川があるわけでもなく、楽なコースです。
北関東はブスの産地とか昔読んだエロ本に書いてありましたが、そんなことはなかったです。私の見た感じでは。
栃木県の奥の若者の会話を聞けましたが、U字工事みたいになまってなくて残念でした。ほぼ標準語で、イントネーションがちょっとだけ違う感じ。
都会では希薄でしたが、田舎では街道の宿場町をアピールしていて、雰囲気が出ていました。あんまりアピールされてもうそくさいようと中山道で思いましたが、まったくないのも淋しいので、久々の宿場アピールは心地よかったです。
posted by Curta Pajama at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 五街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。