2008年07月13日

新曲 『弁当売りの娘』

ゴージャスな曲を作ろうと思って作りました。
成功です。(後で説明を追記します。)

posted by Curta Pajama at 07:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 曲・歌の公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

歌がない方が良いと気付いた



久々におととし作った曲を歌なしで聴いてみたのですが、こっちの方が良いですね。作ろうと思ってから一週間で歌まで入れたんだから、エネルギーがほとばしっていたんだなあ。

ホルンが主旋律です。埋まってますが。


順調に行けば次の週末で一曲録音しますが、これと同じ系統です。もうちょっとアホっぽい感じです。
posted by Curta Pajama at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 曲・歌の公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

呪詛

俺は音楽に感謝している。
ミュージシャンにならなければ猟奇的殺人者になっていたから…
(クラウザーさん談)



誰にも殺したい人のひとりやふたり、いるでしょう。
殺人者になるかならないかは、やるかやらないかのわずかの差です。

こんな歌を聞くことで誰かの(自分の)心が晴れて殺人を思いとどまれるなら、この歌が存在する価値もあるというものです。

私はひとりで笑いながら作ってるので、心配はご無用です。

追記:間違っても、自分が「死ね」と言われてると思いながらお聞きにならないでください。殺す側のつもりでお聞きください。
posted by Curta Pajama at 18:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 曲・歌の公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

オタク(アカペラ)

ゴールデンウィークは何かしたくなるもんです。
新曲『オタク』を録音しました。お聴き下さい。



歌詞に三連休という言葉が出てきまして、今日は三連休の最終日になりますが、これを作ったのは2月の三連休でした。やっと録音する気になりました・・・ゴールデンウィークのおかげです。

オタクにもいろいろいると思いますが、私も偏執的な性格なので、たぶんオタクです。オタクの中には一人でいても楽しめる人がいます。私もそのタイプで、これはこれで幸せです。他人に依存せずに人生をエンジョイできますので。

最近どんどん暖かくなり、穴熊のような私もギターを持って外に出たくなってきました。何か衝撃的な出来事がなければ、しばらく作曲をお休みすることになりそうです。目安は秋ごろです。

さいたまストリートミュージシャンに登録された暁には、北浦和公園に出没しようと思いますので、ご近所の方はよろしかったらお会いしましょう。タダなので安心していらっしゃいませ。
posted by Curta Pajama at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 曲・歌の公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

Appenzeller Yodel(アカペラ)(スイス民謡)



Swiss yodel "Appenzeller Yodel".
All voices are mine.

本場ヨーロッパのヨーデルの中ではメジャーで人気のある、アッペンツェラーヨーデルです。この曲の存在を知ってから半年、結構上達したもんです。見よう見まねで歌っていたらこうなってました。

歌詞は持ってないので不明ですが、「俺の父ちゃんはアペンツェラーの出身だよ。ヨロロイヒー!」とかそんな感じです。歌のほとんどが歌詞ではなくてヨーデルの雄叫びなので、言葉がわからなくても問題なく楽しめます。
posted by Curta Pajama at 21:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 曲・歌の公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

女神の姿(自作)アカペラ版、木管伴奏版



昨年、ものすごくエネルギーをかけて短期間で作った曲の、リメイクです。エコーかけてますが、全部私の声です。元の曲を作る際に大変に気合が入っていたのでアカペラで作る意義が見つからず難航しましたが、満足の仕上がりになりました。

下に、比較用に昨年に作ったオリジナル版を貼り付けて置きます。良い音源を買ったので、ゴージャスに出来てますよ。1週間ずっとこの曲を聴きながら通勤して、伴奏や歌詞を練りまくりました。

posted by Curta Pajama at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 曲・歌の公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

幸せ(自作曲)



あけましておめでとうございます。
やっと年越ししてしまった宿題が終わった・・・

ええと、何から書くべきか。

現在、私は元気です。この歌のような心境にはありません。4ヶ月に1度ぐらいは死にたくなるけど・・・

この歌は、ギターを購入して2ヶ月ぐらいしたころ、突然頭に断片が流れてきたものです。家からえらく離れた病院を出たときに流れてきたので、忘れないようにずっと頭で再生しながら自転車をこぎました。

それまで曲を作ったことがなかったので、これが処女曲(童貞曲?)となります。フォーク、特に高田渡を聴いていたので、曲調が影響されてます。この歌を作ったころ、彼の方が死んでしまいましたが。

単純で稚拙なメロディですが、今でも自分の中でインパクトがあり、無視できませんでした。ヘタなギター伴奏で生で歌った動画があるだけで、ちゃんと録音していなかったので、この機会にちゃんと編曲して録音しました。

この曲は最悪の時期を脱して、少し光明が見えかけた時にできました。死にたい時にこの歌を歌うと、実感がこもってかなり気持ち良くてスッキリしました。

逆に、普通の気分の時に歌うと、つらかった時期を思い出して死にたくなってくるので、かなり回復してからは努めて歌わないようにして、封印してました。これからも、頼まれなければ歌うことはないでしょう。

この歌を歌い散らした時、両親は私の頭が本当に狂ったと心配して、歌詞を印刷させて医者に見せました。その医者は名医だったので「ハハハ、良くできてるね」と笑い飛ばしてくれました。また、友達に聴かせた時も、「実感がこもってていいね」と評価してくれました。私はこれらの反応に大変慰められました。

この曲もそうですが、自分で曲を作って歌ってみるとき、内容の馬鹿馬鹿しさによく笑っています。「死にたい!」と言いつつ、「バカな歌を作ったもんだ」と心の中では笑っています。周囲の人もあまり深刻に受け取らないで欲しいのに、冗談には聴こえないみたいです。

私が真面目に話す言葉は冗談と思われ、私が冗談で歌う歌は真面目に取られる。世の中なかなかうまくいかんもんです。
posted by Curta Pajama at 21:05| Comment(8) | TrackBack(0) | 曲・歌の公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

それぞれの日を祝って

はじめに、孤男板のみなさまごめんなさい。
孤独な歌ではありません。

まずは、近親者に誕生日の者が出たので、以前友人に送ったものを
ベースに録り直し、プレゼントしました。
お互いもうそういう歳じゃないんすけどね。

アレンジはアメリカの方(?)が作ったmidiファイルです。
後でサイトを探し直して勝手に使ってしまった侘びと礼を入れてこよう。



追記:こちらのサイトで公開されていたMIDIファイルのアレンジを使用しております。
http://www.kids-teens.org/
しかし、メールしたもののエラーで届かないし、サイトは荒れてるし・・・
うーんどうしたもんか。


ついでに、次の週末は異国の彼の人の誕生前夜だそうなので、
彼の誕生も記念して聖歌を歌っておきました。動画です。



カップルがイチャついてますが、それは彼が悪いのではありません。
彼はダシにされているだけです。怒りをお鎮めください。

元々この歌はドイツ語圏で生まれたと読みました。
ドイツ語圏の敬虔なキリスト教徒の方にお聴きいただきたいなあと思います。
こんなブログに書いても伝わらないでしょうけども・・・


孤独な歌をイブまでに完成させるつもりでしたが、
いかんせん歌詞が暗くて歌っていると頭がおかしくなるので、
延び延びになってます。年内に完成させられるか不安です。

しかし、けじめをつけておきたいなあ、ここ数年の不運に。

それでは、また何か作った時にお会いしましょう。さよなら。
posted by Curta Pajama at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 曲・歌の公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

女(アカペラ) (自作)

こんなステキな歌を聴いて過ごすクリスマスはいかがですか?



これはアカペラ5パートですが、全部のパートを私が歌っております。
超頑張った自分をほめたい。作詞作曲も何もかも自分です。

かの竹熊健太郎氏は、あんなに面白い漫画(ファミ通のアレ)の原案を作れる人だったのに、32歳の時点では彼女持ったことがなかったそうです。

俺だって、俺だって別に彼女がいなくったっていいじゃないですか!
posted by Curta Pajama at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 曲・歌の公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕たちの町 神田(自作曲)

友人と神田で遊んでいることを歌った歌です。
友人はハモリを恥ずかしがってやってくれなかったので、
自分でハモりました。



先日まで自作の中ではナンバーワン評価だったものです。
評価したのは私ですが。

神田は人がいないのがとりえなので、なるべく
遊びに来ないで下さい。

ま、何もないんで来てもしょうがないっす。
でも私はまた行きます。
ラベル:Curta Pajama
posted by Curta Pajama at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 曲・歌の公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。